美容整形なら女優・モデルが通う湘南美容外科│AGA・薄毛治療 医療植毛とは

医療植毛 医療植毛とは 美容整形なら湘南美容外科

湘南美容外科クリニックは脱毛・わきが・多汗症・二重まぶたなどのプチ整形からAGA・薄毛治療などの美容整形、男性美容まで行っています。

AGA・薄毛治療−医療植毛とは

ドナーの採取
必要な面積に応じて、後頭部の毛髪(ドナー)を採取します。 通常1000本を植毛するのに必要なドナーは、縦10mm×横60mm程度です。採取の際の痛みは殆どありません。

後頭部の毛髪は、男性ホルモンの影響を受けにくいため脱毛に強い特徴をそなえ、しかも皮膚も柔らかく首の後ろから後頭部にかけて約3〜4cmの余裕があり、ドナーとして採取するには非常に適しています。
また、縦幅を小さくとることにより、術後のつっぱった感覚が少なくて済みます。

頭皮の縫合
後頭部のドナーを採取した部分を縫合します。採取と同様、ほとんど痛みはありません。

施術後は、採取した面積や、人によっては数日間、多少の突っ張り感がありますが、すぐに違和感はなくなります。傷跡もほとんど目立ちません。
また、縫合した部分の傷が治癒すれば、再びその部分からドナーを採取することも可能です。

ドナーの株分け
より緻密で確実な植毛を行う為に、採取されたドナーを株分けする必要があります。
FU(フォリキュラーユニット)と呼ばれる単一の株にします。

最近は手作業ではなく専用のヘアトームを使用するところが多いですが、機械を使用すると毛根と同時に発毛に必要な細胞まで一緒に断絶してしまう恐れが多いため、当院ではあえて手作業で、一株ずつ丁寧に採取していきます。

FU(フォリキュラーユニット)の移植
4種類のFU(フォリキュラーユニット)を移植する部位やデザインに合わせて、使い分けながら移植していきます。このとき、移植する周囲の毛髪の生える方向に合わせます。

SBCフォリキュラーユニット植毛システムでは、専用のハンドピースを使用して、あらかじめ移植する部位にホールまたはスリット(1mm程の穴、または切れこみ)を入れ、個々のFU(フォリキュラーユニット)に手を触れることなく瞬時に移植します。

施術方法

術後の処置
すべてのフォリキュラーユニットが移植されたら施術は終了です。
傷口保護のためガーゼでおおい24時間はそのまま保ちます。移植部分も同様に洗浄します。こうした処置が数日間続きます。

毛髪を採取した部分は2〜3日程度で腫れがひいていきます。植毛した部位の腫れはほとんどありません。


美容整形なら湘南美容外科TOP>
施術一覧>
医療植毛 施術案内
>
医療植毛とは

医療植毛 医療植毛とは:ページトップへ▲
施術一覧へ戻る


美容整形なら
湘南美容外科TOP


★5分で分かる美容整形
★湘南美容外科人気の施術はこちら↓
|脱毛|二重術|脂肪吸引|豊胸術|
|わきが|若返り|AGA・薄毛治療|

湘南美容外科サイトマップ


戻る
医療植毛 医療植毛とは 美容整形なら湘南美容外科